うさママのつぶやき

子育て中のママです。子育てしながら気づいたことなど思うままに書いています。

公立中高一貫校の中学受験の塾選びで失敗しとこと  パート1

息子は、無事希望の中高一貫校に合格しました。

 

だけど、うさママは中学受験のための塾選びで後悔しました。今でも凄く後悔しています。

 

合格したのに?

 

そう思われるかもしれませんが、中学受験間近の11月に心底後悔したのです。

 

 

うさママの息子は、公立中高一貫校の中学受験に強い

大手の塾に通っていました。

地元で1番か2番か・・・正確には2番かな。

 

ここの塾に息子の希望で5年生から通い、彼も気に入っていて

というより、塾に通えるのが嬉しかったようです^^

成績ものびていました。

 

その塾の講師は、体育会系の男性教師が多いところです。

 

子供の勉強に口を出さない。それが我が家の方針でしたから

受験勉強もノータッチで、塾の講師にまかせていました。

受験も自分で決めましたから、自分の力で頑張ってほしい。そう思いました。

 

しかし、6年の夏休みに入っても塾の宿題を塾当日の朝にやる程度で

特に中学受験のための受験勉強をしているようには見えませんでした。

 

塾では、一生懸命勉強しているようですが・・・。

 

初めての受験。受験勉強の仕方なんて、中学受験の難しさなんてわからなくて当然ですよね。

 

さすがに不安に思って塾の担当の先生に電話し

夏休みの勉強のしかたを具体的に教えてあげてほしい。と伝えました。

 

「わかりました!!!」

 

威勢のよい返事に安心したうさママ。

しかし、夏休みに入っても息子には、塾の先生から何も伝えられていない様子。

 

もう一度お願いすると、息子に電話をしてくれました。

 

でも内容は、1日2時間。それだけでした。

 

せめて問題集を何ページ、間違えたところをもう一度

など先生の口から話をしてほしかったのですが・・・。

 

母親がいうのが一番子供のためになりませんから。

 

それでも、そのまま様子を見ておりました。

 

 

11月、彼の中学受験用の問題集と解答を

初めて見ました。初めてです。

 

ん????数学的な問題は、かなりできていました。

 

しかし・・・問題をつくった人の意図を読み解くような問題は・・・

そのまま正直に思ったことを書きすぎていて・・・・

 

それは、・・・・・・。。。。。。

 

今まで塾の先生は気づかなかったのか・・・。

彼に授業の内容を聞いたら

最初に説明があって、次に問題をとく。

先生が解答を話す。

 

それを聞いて、自分で〇付け。

正解かわからなかった場合だけ手を挙げて先生を呼ぶ。

 

どうやらここが問題だったようです。

大手塾は情報の良さ、教材の良さメリットは凄く多いのですが

 

何しろ生徒の人数も多く、細かいところまで目が届かない。

 

これが最大のデメリットでした。

勿論自分で間違っているかどうか判断できるような子は良いと思うのですが。

 

向き不向きですね。。。

 

うさママは後悔しました。

 

それで、どうしたのかはまた次回に・・・。

f:id:toon7171:20180907144658j:plain