うさママのつぶやき

子育て中のママです。子育てしながら気づいたことなど思うままに書いています。

子供にオール5の成績を求めるのは危険!

こんにちは。

息子の中学校の夏休みも終わり、お弁当づくりが始まりました。

メニューには悩みますし、大変な朝も多々ありますが

母として、あと何回お弁当を作ってあげれるのかな。思いながら毎日作ってます^^

 

さてさて、成績表についてのお話です。うさママの主観でお話しさせてくださいね^^

 

 

夏休みに入る前に成績表を持ってきますよね。

しかし、彼は忘れたのか?出しません。聞いてみるとモゾモゾと出してきました。

 

得意科目はとても良い成績です。

しかし彼の興味のない、科目はアヒルさんがいました^^

 

ヒルさんが気になって出さなかったようです。

小学校の高学年ではなかなか良い数字ならんでいたから

彼なりにまずいと思ったのでしょうか。

 

でも、うさママは

ママは頑張ってると思うし、とてもいいと思うよ。

〇〇は、自分のやりたいこと、進路について凄く頑張ってるし結果もでてるじゃない。オール5を目指す必要なんてないよ。やりたいこと、得意なこと、好きなことをがんがんやった方がいいよ。

 

すると、彼、でも後期課程になると、赤点科目あると留年だってよ。

 

と、もっと頑張った方がいいんだよって逆に言ってきました。

 

じゃあ、そこは自分で考えてほどほどに頑張って^^とうさママ。

 

自分も子供のころそうだったと思うんですけれど、親にもっと勉強しろって言われると絶対やりたくない!ってなるし。逆だと・・・^^

反抗期に入ったらなおさらですよね。

  

順番にこだわるって怖いことだと思ってるから。その子の良いところ才能を見落としてしまうかもしれませんよね。

学年で1番になるためにオール5をとることに、どれほど意味があるのかわかりません。その子1人1人の才能を見つけてあげたいですよね。

 

 

結果あれもこれもと頑張って、1番にこだわりすぎて

自分のすすみたい道に進ことができなくなったら

その1番にどれほど意味があるのと思うのです。

 

学校を出たら、1番のバッチを付けて歩くことはできません。

世間からみたら、〇〇校卒業という風に同じ目線でしか見ません。1番だったか最下位だったかはもはや関係ないのです。

 

だから、順番や偏差値にこだわりすぎて、自分のやりたいことを見失わないでほしい

と切に思うのです。

順番は、モチベーション維持程度でよろしいのではないかと。

偏差値は目安程度ではいけませんか。

 

順番も偏差値も決してその子の価値を決めれるものではないと思います。

 

 

学校を卒業して、やりたいこををやれているのか。やりたいことでたべていけているのか。

 

これにつきると思います。

 

ママというのは子供の将来を案じ、また世間の目、夫の両親、いろいろなプレッシャーがあると思います。

 自分が良いママに思われうることを優先しないようにした方がいいと思います。

 

自分が勉強のできる真面目な子を育てた良い母親だと

世間に言われることを望むことは、ちょっとあぶないかな。

と思います。

 

子供は、みんなで育てていくものだと思うから

まわりの人も温かい目で子育て見守ってくれるといいですよね^^

 

うさママのつぶやきでした^^