うさママのつぶやき

子育て中のママです。子育てしながら気づいたことなど思うままに書いています。

中学受験の受験勉強はいつから始めるのが良いか。

 

こんにちは!うさママです。

公立中高一貫校の1年生の男の子のママです。

今は夏休みですが、部活などで楽しく通っています。

 

うちの子が公立中高一貫校を受験するにあたって、

 

当時ネットでいろいろ調べましたが

まだ歴史が浅いためか、なかなか情報がありませんでした。

 

受験を考えているママにも、少しでも役立つことがあればと

ブログをはじめてみました。

 

現在既に中学受験を考えているママもいると思います。

 

 

うさママは、子供が2、3年生のころから中学受験を少し意識をしました。

 

 

それでは、いつから中学の受験勉強を始めたか。

 

 

それは子供が

受験をしよう!と、幼いながら自分で決めることができてから。でした。

 

子供のころは、手と足をめいっぱい使って

お友達とたくさかかわって、思いっきり遊んでほしい。

 

それが、我が家の考えです。

 

大人になったときに、子供の頃の思い出が机に向かって勉強しているだけなんて

何だか寂しすぎませんか?そ

 

うやってつかんだ人生、歩かされてきた人生に

いつか疑問を持つのではないかと思ったのです。

 

大人になると、うまくいかないこと、ままならにことなど

壁にいっっぱいぶち当たると思います。

 

そのときに、自分で決めた人生か、他人に歩かされたレールの上の人生かで

それを乗り越えられるか、絶望して前が見えなくなるか

決まるのではいかと思います。

 

そんな考えの中、我が家では

小さくても自分のことは、自分で決めて自分で責任をとるように言ってきました。

のびのびしているね。小さいころはそんなふうに言われるよく動く活発な男の子でした。

 

本題に入りますが

中学受験を決めたのは、小学校5年生の冬に

中高一貫校の学校説明会に行ってから。です・

 

勿論、その前に地元の中学校の他に、受験をして入る中高一貫校のことを図解などしながら説明しました。

 

地元の中学校は受験がいらないこと。その場合、通常高校は受験してはいること。

中高一貫校は、中学受験をして入るけど、高校受験がないこと。

本人が、進みたい道にはどちらが適しているか考えてみること。

受験は受験勉強が必要で大変なこと。などなど。

 

子供って当たり前ですが、こっちが意外なことを知らなかったりするわけです。

 

説明したあろと、インターネットで中学校のホームページを見せたりしました。

 

❝どうする?公立中高一貫校の学校説明会があるけれど

 

行ってみる?

中学受験するかしないか、そのあと自分で決めたらどうかな?

 

ママは、どっちがいいとは言わないけど

いろいろな選択肢があることは、見せてあげたいと思うよ。❞

 

❝行ってみる。❞

 

そんな会話があったと記憶しています。

 

実際行ってみて、校長先生や在校生のお話

実際に授業の様子などを見て

 

彼は受験を決めました。

 

なので、中学受験用の勉強を始めたのは

6年生の春からです。

 

正確には、6年生になる前の春休みの夏期講習から。

 

それでは、それまでは塾に行かなかったの?

本人の希望で5年生から塾には通っていました。

 

 

長くなるので・・・どんな塾に行ったかなど

中学受験勉強の仕方など、また別の日に書いていこうと思います。